トップ > 牛銀情報 > 牛銀の歴史

牛銀の歴史

其の壱  創業者・小林銀蔵の“平切り”
「牛銀」の創業者小林銀蔵は、明治十三年、松阪市郊外の伊勢寺に、農家の三男として生まれた。
幼い頃から頭がよく、野心家でもあった銀蔵は、「日々世の中が変わっていくこの時代、田舎で百姓などするより、町へ出て商売をした方がいいわい」と、故郷を後に独りで上京し、大手肉料理屋「米久」に就職したのである。
銀蔵は、そこで肉屋のイロハを徹底的 に身につけ、そして二十二歳の若さで、松阪市本町に牛肉屋を開業。
東京仕込みの鮮やかな“平切り”が、町の大評判となり、「牛銀」は大繁盛したのである。
其の弐  牛丼と牛めし一銭五厘の牛銀
“平切り”で客の人気を集めた「牛銀」は、肉の販売だけでなく、“牛丼と牛めし一銭五厘の牛銀”という垂れ幕を店頭に掲げ、肉食も始め、これが大評判となり、一般庶民に牛肉のおいしさを広めたのである。
銀蔵が東京修行で学んだのは、精肉や料理の方法だけではなく、よい牛を見分ける大切さやいい牛をつくる肥育方法も身につけてきたのである。
「肉食文化の先進地、東京でも通用する牛を」と近郊の農家に呼びかけ、肥育法を伝授し、いい牛を高値で買い上げた。
「牛銀」は、繁盛し、今の松阪牛の基礎を築いたのである。
其の参  畜産共進会はじまる
肉食も明治末ころになると“ハイカラな味”として庶民一般に広まった。
そんな頃、「松阪肉牛共進会」のルーツである肉牛品評会が松阪で初めて開かれた。
大正十二年、「牛銀」は県の推薦を受け、「近畿二府五県連合畜産共進会」に参加した。このとき、松阪牛(当時は伊勢牛)は、そのできのよさに評判となり、以降その名声は広く知られることとなったのである。
この頃、東京で行われた国内勧業博覧会での出来事がきっかけで、以後東京の業者から一目置かれる存在となった。
其の四  力士“嘉美風”の誕生
大正時代になると、肉の美味しさはより広く庶民までも知るところとなり、各地の品評会で優秀な成績をおさめた松阪牛(当時は伊勢牛)は、ブランド肉へとなっていった。
大正十四年春、妻・かつとの間に生まれた長男の銀之助は、第一期生として入学した松阪商業学校を卒業。
当時の「松阪の大男 牛肉屋さんの長男坊十八歳で身の重さ三十二貫四百…」といった新聞の見出しでもわかるように、銀之助は、体格もよく、在学中から幾度となく相撲部屋のスカウトを受け、とうとう相撲取りになる決心をした。
名古屋で巡業中の出羽海部屋一行に加わった銀之助は、すぐに満州へと巡業の旅に出たのである。
其の五  新興都市・松阪の躍進
大正以降、松阪は美味しい牛肉の産地としてその名を全国に広めていく。
十年に東京芝浦で開かれた畜産博覧会では、神戸牛や近江牛を抜いて最高の名誉賞を獲得した。
その頃、「牛銀」には父・銀蔵と忙しく働く二代目当主・銀之助の姿があった。
当時の松阪の町は、新興都市として目ざましく発展、昭和八年には市制施行。
人口も三万四千五百人を超え、交通網も整い、参宮線を中心として櫛田川沿いに松阪電鉄、東に参宮急行(現近鉄)が走り、昭和十年末には松阪線(名松線)が沿線の期待に応えて全線開通したこの日、町中が祝賀ムードに沸きかえった。
やがて、時代は苦難の戦時下へと移っていく。
其の六  青柳の如く・・・
第二次大戦中とその直後の食糧時代は、食料不足により店は“閉店休業”となった。
そんな中、昭和十六年、初代あるじ小林銀蔵が他界し、そして翌年、跡を継いだ長男の銀之助と妻・富美との間に男の子が誕生した。三代目・正典である。
戦後、松阪の肉牛生産が復興してくると、二十四年には「松阪肉牛共進会」が復活。ブランドとして、松阪肉の名声も高まり、牛の値段がマスコミを騒がすこともしばしばであった。
そんな中、高級品となる松阪肉に対して、「牛銀」は“牛肉は庶民の食べ物”という創業の精神を受け継ぎ、二代目・銀之助の亡き後店主となった正典がレストラン部を設けたのも、松阪肉を気軽に味わってもらうためであった。
「牛丼と牛めし一銭五厘の牛銀」として創業九十年。本店玄関に掲げる分厚い船板に刻んだ「青柳楼」の文字は“人には柳のように頭を低くして”という、今なお変わらぬ店の信条を表している。